まだ間に合う!子供のアトピー体質を改善する方法

この世には、アトピーになる人とアトピーにならない人、2種類の人間が存在します。

 
 

・・・何が言いたいのかと言うと、「アトピーになる体質」はあるという事です。
ところで、「体質」ってなんでしょう?

 
 

 
 
からだの性質。遺伝的素因と環境要因との相互作用によって形成される、個々人の総合的な性質。「風邪をひきやすい―」「特異―」
 
引用:体質(タイシツ)とは – コトバンク
 

 

体質とは、遺伝的素因と、環境要因との相互作用によって形成される・・・とあります。
遺伝的素因は中々変える事は出来ませんが、環境要因は変える事が出来ると思いませんか!?

 
アトピーの体質改善
 

子供のアトピー体質を改善してあげる為に、あなたが出来る事は実はたくさんあるんですよ。
今からでも遅くはありません!
始めから徹底すると途中で挫折してしまったり、親も子もイライラしてしまってストレスが溜まる可能性もあるので、まずは出来る事から実践してみてはいかがでしょうか?

 
 

見落としがちだけど意外に重要!体の外から体質改善!

体質改善と言えば、体の中からのイメージがありますが、実は体の外からの働きかけも大事です!
なぜなら、私達は皮膚を通して様々な成分を吸収しているからです。
経費毒という言葉を聞いた事があるでしょうか?

 
 

 
 

経皮毒(けいひどく)とは、日常使われる製品を通じて、皮膚から有害性のある化学物質が吸収されること
 
引用元:経皮毒 – Wikipedia
 

 
 

バリアーとしての役割を果たしている肌表面ですが、肌表面に付着した物質は微量ながら吸収されているのです。
そうでなければ、化粧水などの染みこませるスキンケアは一切の無駄だという事になってしまいますからね・・・。
また、アトピーはざっくり言ってしまえば「肌トラブル」の一種ですので、肌へのいたわりはとっても重要です。

 
 

では、体の外からの体質改善とはどのような事をすれば良いのでしょうか?

 
 

合成界面活性剤は一切使用しない

「合成界面活性剤はなんとなく体に悪そう・・・」
というイメージを持っている人は多いですが、
「みんな使ってるし、まあ大丈夫だろう・・・」
と甘んじて受け入れてしまっているのが現状です。

 
 

油汚れが一瞬でキレイに落ちてしまう、台所洗剤を思い浮かべて下さい。
あの強力すぎる洗浄力こそが、合成界面活性剤の正体です。

 
合成界面活性剤はアトピーに厳禁
 

素手で食器を洗っていると、手がガサガサしませんか?
それは合成界面活性剤が、皮膚のタンパク質を破壊している為に起こっています。
そんなモノを子供、ましてやアトピーの肌にまき散らすなんて、到底許される事ではありません。

 
 

  • シャンプー
  • リンス
  • ボディソープ
  • 衣類の洗剤
  • 歯磨き粉
  • etc…

 
 

子供に使うありとあらゆるモノの中から、合成界面活性剤を排除しましょう!
それには「成分表」の欄を見て確認するだけでOKです。
・・・とは言っても、実は成分表の欄に「合成界面活性剤」などと分かりやすく記載がある訳ではないのです。

 
 

  • 〇〇〇酸
  • 〇〇グリセリル
  • 〇〇〇〇(よく分からないカタカナ語)

 
 

このような表記になっていて、正直よく分かりません。

 
 

極端な話をすれば、「合成界面活性剤不使用」とアピールされていない商品については、ほぼ99.9%の確率で入っていると思っておきましょう。
合成界面活性剤は安くつくる事ができ、また消費者目線で分かりやすく汚れが落ちるので、どのメーカーもこぞって入れています。

 
 

ちなみに私が現在使っているのは、太陽油脂のパックスベビーシリーズです。
「人にやさしく地球にやさしく」を掲げているメーカーで、とても安心できます。

 
 

盲点だった!?浸かる水、浴びる水からも塩素を完全除去

蛇口をひねればワッと溢れ出るその水道水に、一体どれほどの塩素が含まれているか知っていますか?

 
水道水に塩素は大量に含まれている
 

日本では、「投入しなければならない塩素の量」が設けられていますが、なんと「塩素量の上限」は設けていないのです。
要は、どれだけ塩素を入れても法律的には問題がないのです。
このような決まりになっているのは先進国では日本くらいです。

 
 

 
 

水道水は、衛生面から塩素による消毒を行い、蛇口での残留塩素濃度を0.1mg/L以上保持ことが水道法で定められております。
 
引用:水質 | よくある質問 | 東京都水道局

 

 
 

塩素には強い毒性があり、その力は戦争で殺りく兵器として使われた歴史がある程です。
水道水に塩素が入れられているおかげで私達は、病原菌や寄生虫、汚染物質などから守られているのですが、その代償として塩素の毒にさらされる事になってしまいました。

 
 

台所に浄水器をつけたり、ウォーターサーバーをレンタルしている方は多いと思いますが、浴槽からも塩素を除去していますか?
先ほどお話した経皮毒と同じように、塩素も皮膚から吸収されます。

 
 

浴槽にはビタミンC粉末を投入し、シャワーヘッドは塩素除去作用のあるものに今すぐ変えましょう!
入浴方法についてはコチラで詳しくお話しています。

 
 

>>塩素除去は必須!アトピーっ子の入浴方法まとめ

 
 

運動・睡眠・食事の3本柱が大事!体の中から体質改善!

体の外から行う体質改善方法はお分かり頂けたでしょうか?
お次は体の中から行う体質改善についてお話し致します!

 
 

今の子供は運動不足!ゲームも良いけど外に出て運動をさせよう

運動は、体の中の血液を循環させて老廃物などの毒素を排出させる働きがあります。
アトピー患者は新陳代謝が悪い事が多いのです。
エネルギーがあり余っている子供にはたくさんの運動をさせて汗をかかせましょう!

 
運動はアトピー改善に最適
 

しかし、最近の子供たちは、室内でゲーム遊びをする事がとても多いですよね。
ゲームの害は色々とありますが、体質改善の面に関して言えば、

 
 

  • 運動をしなくなるので新陳代謝がどんどん悪くなる
  • ゲーム上の戦いに負けるとストレスが溜まりやすい

 
 

この2点に問題があります。

 
 

特に後者は、スポーツなどの汗を流す戦いであれば勝ち負け関係なく良いストレス発散になるのですが、ゲームとなると違います。
発散する事のできない不健全なストレスがたまり、そのストレスは自律神経を狂わせます。
その結果、アトピーが悪化する原因となりえるのです。

 
 

安易にゲームを買い与える前に、子供が喜びそうな、外で遊べる玩具を買ってあげるのはどうでしょうか?
また、休日はアスレチックなどのダイナミックに体を動かせる場所に連れて行ってあげるのも良いですよ!

 
 

22時以降の就寝は論外!睡眠時間をしっかりとらせよう

あなたの子供は、いつも何時に寝ていますか?
22時以降だ、というお宅はピンチですよ!
小学生以下の子供は、最低でも10時間の睡眠時間が必要です。

 
睡眠不足解消でアトピー解消
 

起床時間は、幼稚園や小学校の関係で大体6~7時頃になるでしょう。
そうなると睡眠時間は8時間となり、2時間もの睡眠が足りないという事になります。

 
 

「子供は寝ている間に成長する」
とはよく言ったものです。

 
 

 
 
小児の睡眠不足や睡眠障害が持続すると、肥満や生活習慣病(糖尿病・高血圧)、うつ病などの発症率を高めたり症状を増悪させたりする危険性があります。
適切に対処していくには「早起き・早寝」という基本的な生活習慣から見直すことが必要です。
 
引用:子どもの睡眠 | e-ヘルスネット 情報提供
 

 
 

より良い体質改善の為には、適切な睡眠時間の確保が必要なのです。

 
 

食が体をつくる!食事で体質改善をしよう

体質改善と言えば、全ては「食事」で決まります。
しかし、子供は好き嫌いも激しく、中々うまくいきませんよね・・・。

 
 

健康的な食事を徹底して作っても、子供はあまり食べてくれなかったり、文句を言ったりで、ママも子も両者イライラして終わり・・・分かります!めちゃくちゃ分かります!

 
 

あーだこーだ言っても全て実践するのは難しいので、私がお話するのは以下の4点のみです。

 
 

その1. 食事に使う水は全て塩素除去された水にしよう

毎日必ず飲む水ですが、水道水をそのまま飲むのは絶対NG!
塩素は超有毒物質です。

 
 

台所の蛇口には必ず浄水器をつけましょう。
ウォーターサーバーのレンタルも良いのですが、その場合、お米を炊く水や野菜を洗う水も、ウォーターサーバーを使わなければいけません。
手間やコストを考え総合的に判断すると、浄水器が一番良いと思います。

 
 

その2. 食品添加物を極限まで減らす

加工品が溢れかえったこの日本で、食品添加物を口にしない日はそうそうないでしょう。
しかし、食品添加物は人工的につくられた化学物質であり、それを生き物が食べる事はとっても不自然な事なのです。
実は安全性も不確かなもので、長期間に渡って食べ続けると何が起きるのか、また複数の食品添加物を混ぜるとどのような物質になるのか、分かっていない事も多いのです。

 
 

では、どんな食べ物が食品添加物なのかと言うと、食材の形をしていない食品すべてです。
食材とは、お米、肉、魚、野菜、豆、などの事です。

 
 

要はこれら以外のスーパーで売られている加工食品はすべて食品添加物の塊です。
〇〇の素、ベーコン、チーズ、プリン、お惣菜・・・。

 
アトピーに食品添加物はダメ
 

食品添加物は確かに便利でママの強い味方になってくれますが、本気で子供の体質改善を目指すのであれば、子供に食べさせる食事は一から自分でつくりましょう!
お菓子もなるべく手作りにしてあげたいですが、さすがにそこまでするのは中々難しいと思うので、ネットで無添加おやつなどを取り寄せると良いですよ!

 
 

>>食品添加物を食べるとアトピーが悪化する!?

 
 

その3. 肉や卵の動物性脂肪は質の良いものを!

古くなった質の悪い牧草に病気予防の為の抗生物質が混ぜられ、狭い畜舎内に押し込められてストレスを抱え、どんどん不健康になり、病気寸前になって、「肉」にされる家畜たち・・・。

 
 

病気寸前になった動物の肉を食べるという事がどういう事なのか・・・。
一時期騒ぎになった狂牛病を思い出していただければ分かりやすいと思います。
野菜に置き換えれば、放射性物質や農薬にまみれたものと同類という事です。

 
質の悪い肉はアトピーを悪化させる
 

肉や卵は、抗生物質を与えずに広々とした場所で飼育したものを選びましょう。
残念ながらこのような肉はスーパーでは売っていません。
今は、取り寄せなければ質の良い食材が手に入らない時代です。

 
 

野菜、肉、魚、加工食品、全ての食に関して「徹底した質の良さ」を追及しましょう。

 
 

また、肉や卵を毎日毎日たくさん食べる必要はありません。
肉なら週に2~3回、子供1人つき80g程度で十分です。
その代わり、新鮮な魚、豆腐や大豆などの良質なたんぱく質をたくさん食べてもらいましょう!

 
 

>>アトピーっ子が急増したのは欧米化した食生活が原因?
 
 

その4. 良質なサプリメントに頼るのも一つの手

体質改善にはサプリメントを摂る事も一つの手段として有効です。
特に、好き嫌いが激しくて「〇〇は食べたくない!!!〇〇が食べたい!!!」と頑固なお子さんには特に・・・。

 
 

サプリメントを飲むのであれば、足りない栄養素を補うマルチビタミンサプリか、アトピーに有効な成分が入っているサプリメントがおすすめです。
アトピーに有効な成分とは、

 
 

  • プロポリス
  • 甜茶
  • シソの葉

 
 

などです。
これらは通常の食事で摂る事が難しいので、やはりサプリメントに頼ると効率的ですよね。

 
 

ただ、子供に飲ませるサプリメントは1種類にとどめましょう。
「これも足りない、あれも足りない」と言って何種類も飲ませるのは本末転倒!
栄養素は基本的に食事から補い、どうしても足りない栄養素についてのみ、サプリメントを飲むと良いですよ。

 
 

>>【子供版】アトピーに効くサプリメントランキング

 
 

アトピーっ子の体質改善方法のまとめ

自分の意志で行う大人ですら、体質を改善しようと徹底して行動にうつすのはとっても難しい事です。
それを、あなたが子供に言って聞かせるのですから、それはそれは至難の業です。

 
 

ですが、子供は幼ければ幼いほど順応性が高く、大人に比べれば体内の舵取りも容易いです。
まずは出来る事から始めてみませんか?

 
 

>>アトピー完治に役立った!アイテムランキング!

 

このページの先頭へ