アトピーはなぜかゆい?「かゆい」の不思議を大解剖!

アトピー性皮膚炎の最大の特徴であると言っても過言ではない「かゆみ」

たかがかゆみ、されどかゆみ。

 

 

アトピーのかゆみがどのくらいつらいのか、それは患者本人でないと知り得ません。

ここではそんなつらいかゆみについてまとめました。

 




 

「かゆい」ってなに?

かゆみというのは痛みと違い、皮膚だけで起こる現象です。

胃が痛い、とはよく言いますが、胃がかゆい、とは言いません。

 

 

ぐずぐず赤ちゃん

以前、かゆみは弱い痛みだと考えられていましたが、最近の研究でかゆみと痛みは複雑に関わり合ってはいるが、全く別の感覚だと分かってきました。

皮膚だけがかゆみを感じる神経を持っていて、その神経が刺激されるとかゆみを感じる仕組みになっています。

 

 

かゆみを感じさせる化学物質としてヒスタミンが有名ですが、それ以外にもかゆみを感じさせる化学物質が多数存在している事が分かってきました。

 

かゆみが起きる仕組み

まず、皮膚に刺激が起きるとマスト細胞というところからヒスタミンなどのかゆみ物質が放出されます。

そして、放出されたヒスタミンなどのかゆみ物質と、神経にある受容体が結合すると、それが脳に伝わってかゆいと感じる仕組みになっています。

 

掻くと気持ちいいのはなぜ?

かゆいところを掻くと報酬系と呼ばれる脳部位が活性化し、実際に快感を感じさせる事が分かってきました。

また、掻くとかゆみがやわらぐのは、掻く事によって弱い痛みを皮膚に与えてかゆみを感じなくさせているからだとされています。

 

 

脳に伝わる皮膚感覚は、主に「かゆみ」「痛み」「熱さ」「冷たさ」だとされていて、脳はそれらを一辺に感知する事はできないそうです。

なので、脳の中で優先順位があり、命に関わる事から優先的に感じるようになっています。

 

 

「かゆみ」は「痛み」よりも優先順位が低い感覚だと思われます。

かゆい部分を冷やすとかゆみが治まりますが、これも「冷たさ」を優先的に脳が感じさせている証拠です。

 

かゆみは何の為に起きるの?

進化医学の観点からは、命を脅かしたり伝染病を媒介したりする昆虫や寄生虫などの類が皮膚に付着した際に、素早く察して取り除く為だとされています。

その他にも、皮膚に溜まっている垢を落として体を清潔に保ったり、毛穴が塞がるのを防いでいるのではないかと考えられています。

 

アトピーはどうしてかゆくなるの?

アトピー性皮膚炎の人の皮膚は、セラミドが不足して乾燥肌となり、角質層に隙間が空いています。

その為バリアー機能が弱く、アレルゲン物質である細菌や化学物質などが侵入しやすい状態になっています。

侵入したアレルゲン物質は、免疫細胞がすぐに見つけて攻撃をします。

 

細菌

免疫細胞はその攻撃の手段として様々な化学物質を使いますが、ヒスタミンもその中の一つです。

ヒスタミンは、前述の通り、かゆみや腫れを引き起こす化学物質です。

その為、アトピーがかゆくなる仕組みは、免疫細胞がヒスタミンを使い、皮膚から侵入してきたアレルゲン物質を攻撃した結果だという事が分かります。

>>アトピーのかゆみを解消する方法

 




 

謎が多いかゆみ

「かゆみ」は未だ未解明な部分が多くあります。

アトピー性皮膚炎最大の敵でもあるこの「かゆみ」の謎が全て解明されれば、アトピーの治療方法が大きく前進するかもしれません。

 

>>アトピー完治に役立った!アイテムランキング!

 

このページの先頭へ