カイテキオリゴは赤ちゃんに効かない?実際に購入してみました!

自然にスッキリできる!

と噂のカイテキオリゴですが、赤ちゃんにも効くの!?効かないの!?どっち!?

 

カイテキオリゴ

 

・・・とお悩みのあなたにまずは結論から申し上げると、カイテキオリゴのおかげでうちの子は便秘に悩まされる事はなくなりました。

また、母親である私もドサドサ!!モリモリ!!わ~お!と毎日ルンルンでお手洗いに行っています。

 

 

「便」って体内に溜まった老廃物ですからね・・・。

ドバドバ出した方が良いに決まってます。

では、毎日スッキリ快適な日々を過ごす私たち親子の救世主となってくれたカイテキオリゴについてお話します!

 

>>日本一売れている噂のオリゴ糖を見てみる

 

 

カイテキオリゴを飲ませてみた・飲んでみた体験談

まず、カイテキオリゴはどんな姿形をしているのでしょうか!?

 

origo-4

origo-5

 

真っ白な粉です。どーですか!!(どーですかって言われても・・・)

 

origo-6

 

サラサラしています。(って言われても・・・)

 

 

ペロッと舐めてみると、ほんの~りと自然な甘みが口の中に広がります。

それもそのはず、カイテキオリゴは原料が北海道産のてん菜、牛乳や樹木などの自然由来のものだからです。

全く主張しない控えめな甘みですし、どっちかと言うと無味無臭に近いので、どんな料理に入れてもどんな飲み物に混ぜても、味を壊しません。

 

 

カイテキオリゴの赤ちゃんの飲ませ方は?量は?

次は、赤ちゃんにどうやってカイテキオリゴを与えればいいのか、について!

 

 

カイテキオリゴはほんのりと自然な甘みで、食べ物・飲み物の味を壊しません。

なので、どんな物に入れてもオールOK!

しかも熱や酸に強いので、加熱しても無問題!

さらに、冷たかろうが熱かろうが、すーーーぐに溶けちゃいます!

これはなんとも嬉しい特性ですね♪

 

 

オリゴ糖は善玉菌のエサとなる存在なので、やはり善玉菌が含まれている食べ物との相性が良いですよ!

なので、ヨーグルト、納豆、味噌、などに混ぜて一緒に摂る事をオススメ致します。

 

 

赤ちゃんにカイテキオリゴを与える量ですが、まずは1gにとどめます。

付属の計量スプーンで1gがラクラク測れちゃうのでとっても便利です!

 

1g

 

ちなみに、大人の場合は計量スプーンすりきり一杯分(5g)が最適な量です。

 

 

その後、成長や便秘の具合などによって量を増やしていっても構いません。

ですが、赤ちゃんの腸は大人に比べて小さいのでそのまま少量の1gを与え続ける方が良いんじゃないかな?と思っています。

うちの場合も、カイテキオリゴ歴は長いですがうちの子にはずっと1gのままです。

 

 

そしてこれは声を大にして言いたいのですが、カイテキオリゴを最初に与える場合は細心の注意を払って下さい。

これはカイテキオリゴだけではなく他の食品にも言える事ですが、食物アレルギーを引き起こす可能性を必ず頭に入れておいて欲しいのです。

 

牛の置物と牛乳

 

最初に与える時には食べ物に入れるのではなく、水や白湯などに混ぜて与えましょう!アレルギー反応が出るかどうかを確かめる為には、単品摂取は基本だからです。

その後3時間程様子を見て、赤ちゃんに何も異常が出なければ心配いりません♪

 

 

カイテキオリゴの基本事項についてお話しましたが、ここからは赤ちゃんの年齢別講座!

カイテキオリゴの与え方は、赤ちゃんの成長段階や、育児方法によって多少変わってきます。

 

 

母乳育児中の0~6ヶ月の新生児・乳幼児の場合

実は赤ちゃんの腸内は、もうとにかくこれでもかっていうくらいに善玉菌で満たされています。悪玉菌なんてほとんどいないんです。そうする事によって高い免疫力を保ち、自らを守っているのです。すごいですよね!生き延びる為に必死なんです!

 

気持ちよさそうに寝ている赤ちゃん

 

そんな善玉菌の働きを後押ししてくれるのが、母乳です!

なぜなら、母乳にはなんと約130種類ものオリゴ糖が含まれているからです。

母乳育児が良いとされている要因の一つですね。

 

 

なので、母乳のみを飲んでいる赤ちゃんに限り、わざわざカイテキオリゴを赤ちゃんにあげる必要はありません。いくら万能であるカイテキオリゴも、ママの母乳には適いませんからね!

 

 

ですが油断は禁物!0~6ヶ月の母乳で育てている赤ちゃんの場合、カイテキオリゴはママが摂りましょう!

母乳には赤ちゃんにとって必要なオリゴ糖が含まれてはいますが、約130種類ものオリゴ糖をママの体内で生成するのは簡単な事ではありません。

 

困っている女性

 

実は体内の様々な場所に相当な無理を強いていますし、食生活が悪く腸内環境が乱れていると、十分なオリゴ糖を作り出せない事もありえます。

 

 

その為、食生活を整え、補助としてカイテキオリゴを摂る事がとっても重要なんです!質の良い母乳を与えているのであれば、赤ちゃんがちょっとくらい便秘になったとしても大丈夫!心配しないで下さいね!

 

 

粉ミルクで育てている赤ちゃんの場合

一方で、粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんには、是非ともカイテキオリゴを与えてあげて下さい。

粉ミルクにもオリゴ糖は配合されていますが、基本的に1種類のみだからです。

メーカーによっては多くて2~3種類含まれていますが、母乳の約130種類という数字には到底適いません。不足分をカイテキオリゴで補ってあげる必要があるんですね!粉ミルクにそのままカイテキオリゴを混ぜてしまえばOKです♪

 

離乳食を開始している場合

離乳食を食べている赤ちゃん

 

離乳食をスタートさせたら、母乳だろうが粉ミルクだろうが関係なしに、本格的にカイテキオリゴの出番がやってきます。

なぜかと言うと、離乳食を与え始めると、赤ちゃんの腸内にたくさんいた善玉菌がみるみる内に減っていくからです。

 

 

「えー!?なんで減っちゃうの!?」って思われますよね。

実は、離乳食を与えても、赤ちゃんの腸内ではそれら全てを消化吸収できる訳ではありません。消化吸収できずに残ったカスは、悪玉菌のエサになります。

 

 

また、離乳食の進行と共にオリゴ糖がたっぷり含まれている母乳を与える回数が減っていきますよね!つまり、憎き悪玉菌のエサとなるものが増え、味方である善玉菌のエサとなるものが減るという訳です。

そうして腸内の勢力図が塗り替えられ、善玉菌9:悪玉菌1ほどだった赤ちゃんの腸内が、善玉菌5:悪玉菌5というようなバランスに変わってしまうのです。

1歳までの腸内環境のバランスは、その後一生の腸内環境を決定づけると言われています。

1歳になるまでは、我が子の腸内環境がどうなっているのか常に意識するようにしましょう。

 

3匹の悪玉菌

 

1歳を過ぎている場合

「1歳を過ぎているうちの子の便秘がひどくって・・・」というママの選択肢は、カイテキオリゴを与えるという一択しかありません。

実は、1歳を過ぎると腸内環境の善玉菌:悪玉菌の比率が定着してしまい、外部から善玉菌を取り入れようとしてもあんまり意味がないんです。

腸内に辿りつく前に死んでしまいますし、辿りついたとしても定着せずに排出されてしまうからです。

 

 

ですから、今現在腸内にいる善玉菌に頑張ってもらうしか手はありません!

それにはやはり、善玉菌の万能なエサであるカイテキオリゴに頼るしかない!という訳なんですね。

 

カイテキオリゴを飲み始めてどのくらいで効果が出るの?

最後に、「効果はいつ出るの?」という疑問についてですが、これはもう個人差があるとしか言えません。

軽い便秘だったうちの子は、1週間くらいで「おっ?」と思うようなうんちが出ましたが、頑固な便秘だった私は効果を実感できるまで1ヶ月くらいかかりました。

何にせよ、医薬品ではないので即効性はありません。

じわじわ、じわじわ、と腸内環境を改善してくれるオリゴ糖なので、気長に待ちましょう。

 

カイテキオリゴは赤ちゃんに効くの?効かないの?まとめ

5歳にして超頑固な便秘持ち!

3日に1度、痛い痛いと唸ってやっとこさカチンコチンのうんちがコロコロと出る。

仕方なく病院で整腸剤を処方してもらって、下痢のようなうんちをさせる日々・・・。

 

泣いてる子供

 

これは、私の友達の子供の話ですが・・・。

我が子にこんな思いはさせたくないですよね・・・。

 

 

それであれば、以下の3つの事を是非とも心掛けて欲しいのです!

 

我が子を便秘で苦しめない為には

  • 離乳食はなるべく遅め遅め(8ヶ月~12ヶ月)に開始する
  • お肉・お魚などの消化吸収しづらい悪玉菌のエサになりうる食べ物は1歳を過ぎてから与える
  • 離乳食にカイテキオリゴを混ぜて与える

 
 

ちなみに我が家の場合、完全母乳育児だったので授乳中はカイテキオリゴは私が摂っていましたが、離乳食スタートと同時に赤ちゃんにカイテキオリゴを与え始めました。

今現在は離乳食を終えて普通食を与えていますが、カイテキオリゴは変わらず摂らせています。

そのおかげなのか毎日1~2回うんちがどっさり出ていて、それを見るとママである私もスッキリした気分になっちゃいます(*´-`*)

もちろん私も毎日モリモリです♪

 

>>赤ちゃんもママもスッキリ快調♪カイテキオリゴを見てみる

 

 

カイテキオリゴを飲んだ赤ちゃんの口コミはどんな感じ?

ではここで、当サイトに寄せられたカイテキオリゴの口コミをご紹介します!

 

毎日浣腸をする日々から脱出する事が出来ました

生後7ヶ月になる息子ですが、離乳食が2回になってからというもの、うんちが出なくなりました。

最初の頃は綿棒浣腸でなんとかなっていたのですが、慣れてしまったのか、その内全く効果がなくなってしまいました。

 

綿棒をつまんでいる手

 

病院へ行って相談しても「これから食べる量が増えてくればまた出るようになりますよ!」との事で、ひとまず浣腸のやり方を教わって帰りました。

それからというもの毎日毎日浣腸をしてやる日々が続いていたのですが、とにかく浣腸をする度に大泣き!

見ていてかわいそうでつらいし、なんとかうんちを自然に出させてあげたい・・・。

 

 

そうして見つけ出したのがカイテキオリゴです。

1週間程は目立った効果は見られませんでしたが、その後しばらくしてぽつ、ぽつ、とうんちが出るようになりました。

 

 

おお!と驚く程ではありませんが、毎日うんちが自然と出るようになったんです。

全く出なかったうんちが、浣腸をせずに出るようになるなんて・・・本当にうれしいです。

 

便秘で苦しそうにしていた3歳の娘が・・・

3歳の娘の便秘に悩まされていました。

いつも苦しそうにウンウン顔を真っ赤にして力んでいた娘ですが、カイテキオリゴを食べた後はスルッと出るようになりました。

 

 

「あのね、今日はお尻いたくなかったよ!」

とニッコリ笑って報告してくれる姿を見ると、カイテキオリゴを買って良かったな、とつくづく思います。

 

smile

 

まさに救世主!ずっと愛用しています

母乳が出ずに粉ミルクで育てています。

生後3ヶ月の頃から、3日に1度しか便が出ませんでした。

しかも、頻繁に苦しがるんです。

 

 

どうしたものかと、ベビーマッサージの本を買って毎日1日2回実践してみましたが、効果はありませんでした。

インターネットで色々調べている内に、カイテキオリゴの事を知りました。

新生児に与えても問題はなく、粉ミルクに混ぜても良いという事だったので試しに買ってみたんです。

 

ミルクを飲んでいる赤ちゃん

 

始めはあまり変化が見られず「あぁやっぱりダメか・・・」と諦めかけましたが、継続する事が大事だと、カイテキオリゴを買った時についてきた冊子に書かれていたので、根気強く1ヶ月続けてみました。

すると、なんとなくうんちが出る間隔が狭まってきて、今や1日に1回、うんちが自然と出るようになったんです。

 

 

現在は生後8ヶ月で離乳食をやっていますが、今も離乳食にカイテキオリゴを混ぜて与えています。

おかげ様で便秘知らずでスッキリする毎日を送れています。

 

 

>>口コミで火が付いたカイテキオリゴを見てみる

 

 

オリゴ糖で便秘解消?カイテキオリゴで自然にスッキリできる訳

ではなぜ、カイテキオリゴで赤ちゃんもママも自然にスッキリできるのでしょうか?

 

 

なんと言っても善玉菌は、オリゴ糖が大好物!

オリゴ糖が腸内にひとたび入れば、善玉菌は大喜びしてむしゃむしゃ食べて元気になります。

善玉菌が元気になればもちろん腸内環境が整い、滞っていた便がスルスル出るようになる・・・という訳なんです。

 

便秘で悩んでいる女性

 

オリゴ糖は、ゴボウ、玉ねぎ、キャベツ、じゃがいも、にんにくなどの食品に含まれてはいますが、その量はごくごくわずか。

ですからオリゴ糖を摂取したいのであれば、カイテキオリゴのような健康食品に頼るしか手はないんです。

 

 

とは言ってもオリゴ糖だけなら、実はスーパーにも売っています。

砂糖もオリゴ糖の仲間ですしね!

 

 

「へえ~。ならスーパー行って砂糖買ってきますね。」

はぁーい!いってらっしゃーい・・・・・(^o^)ノ

 

 

って、ちょっと待ったーーー!

 

カイテキオリゴと普通のオリゴ糖との違い

カイテキオリゴはそんじょそこらのオリゴ糖とはワケが違うんです。

何が違うのかをお話する前に、まずは善玉菌とオリゴ糖の性質について理解しましょう♪

 

善玉菌にもオリゴ糖にも色んな種類がいる!

善玉菌はオリゴ糖が大好物だという事は前述の通りなのですが、善玉菌にも種類がたくさんあります。

「野菜」と一口に言っても、トマト、レタス、じゃがいも、玉ねぎ、ほうれん草・・・などなど種類がたくさんあるように、善玉菌にも色々あるという訳です。

 

⇒ 善玉菌

  • ビフィズス菌
  • 乳酸菌
  • 納豆菌
  • 麹菌
  • 酵母菌

etc…

 

その一方で、オリゴ糖にもこれまた種類が色々あります。

 

⇒ オリゴ糖

  • 乳糖
  • イソマルトオリゴ糖
  • フラクトオリゴ糖
  • ラフィノース
  • ラクチュロース

etc…

 

要するに、食べる方と食べられる方で、種類がたくさんあるって訳です。

 

 

その結果どのような事が起きるのかと言うと、善玉菌はオリゴ糖を好き嫌いしているんです。

アレは食べたいけどコレはイヤっ!てね。

 

noと書いてある雲

 

基本的に、そんじょそこらに売っているオリゴ糖の中身は1種類だけです。乳糖なら乳糖、イソマルトオリゴ糖ならイソマルトオリゴ糖、といったように、1種類だけのオリゴ糖が入っています。

そうなると、先ほどお話したように善玉菌は生意気にも好き嫌いパワーをいかんなく発揮して、一部の善玉菌しか元気になってくれません。

 

 

カイテキオリゴは独自の成分を配合している万能なオリゴ糖

その一方で、カイテキオリゴは、何種類ものオリゴ糖が最も良い比率でブレンドされている、いわば万能オリゴ糖なんです。

何種類ものオリゴ糖がバランス良く含まれているので、数多くの善玉菌が食べてくれるという訳です。

これをEOS理論というそうですよ!

 

 

研究に研究を重ね、独自の手法EOS理論でブレンドされたカイテキオリゴならば、数多くの善玉菌のエサとなる事が出来るので、そこらへんに売っているオリゴ糖よりも高い効果が期待できるという訳なんですねー!

 

 

カイテキオリゴが、そんじょそこらに売っているオリゴ糖とは一味も二味も違う理由がこれでお分かり頂けたでしょうか?

 

 

実際に、1種類しか入っていないオリゴ糖と何種類ものオリゴ糖がブレンドされているカイテキオリゴを、200人のモニターに食べてもらいアンケートをとったところ、64%の人が「カイテキオリゴの方が効果があった」と回答しています。

 

カイテキオリゴ円グラフ

 

(内訳:カイテキオリゴが良い64%、かわらない19%、単体オリゴ糖15%)

 

>>64%が効果を実感!カイテキオリゴを見てみる

 

 

予防・改善が期待できる!?アトピーっ子の赤ちゃんにカイテキオリゴ!

akachan

 

今まで赤ちゃんの便秘に焦点を当ててきましたが、実はオリゴ糖はアトピーを始めとするアレルギー性疾患の予防・改善にも一定の効果が期待できる事が分かっています。

 

 
 
オリゴ糖など、腸内細菌のバランス回復に役立つプレバイオティクスと呼ばれる食品成分を積極的に摂取する健康法が、近年注目されています。
 
このプレバイオティクスを調製粉乳に加えることが乳幼児のアレルギー予防につながるかどうかを調査したシステマティック・レビューが、この度The Cochrane Libraryに掲載されました。
 
それによると、乳幼児の皮膚炎や喘息に対しては、予防効果があるとの可能性を示す一定のエビデンスが認められましたが、アレルギー全体への予防効果を判断するには現在提供されているエビデンスでは不十分で、さらに質の高い調査が必要であるとしています。

 

<コクラン・レビュー>乳幼児のアレルギー予防にプレバイオティクス(オリゴ糖)摂取は有効か?

 

プレバイオティクスというのは、腸内で善玉菌のエサとなるオリゴ糖を摂取する事を言います。

同じような言葉にプロバイオティクスがありますが、こちらは聞いた事があるかもしれませんね!

 

 

プロバイオティクスは、善玉菌を直接摂る方法の事を言います。「乳酸菌やビフィズス菌が生きたまま腸まで届く」なんていうフレーズのヨーグルトやサプリメントをよく見かけますよね。あれがプロバイオティクスというやつです。

 

ヨーグルト

 

最近ではプロバイオティクス(善玉菌を摂る事)よりも、プレバイオティクス(善玉菌のエサとなるオリゴ糖を摂る事)の方が効果が期待できると言われているんですよ!

そしてそのプレバイオティクスは、アトピーや喘息などのアレルギー性疾患に効果があるかもしれないのです。

 

 

そもそもアレルギー性疾患とは腸内環境のバランスが悪い事が原因の一つだと言われているので、プレバイオティクスに効果が期待できるかもしれないという説は当たり前と言えば当たり前かもしれません。

 

 

何にせよ、カイテキオリゴはほぼ100%自然由来の高純度・高品質のオリゴ糖です。薬ではありませんし、食品添加物でもありません。

 

genryou

 

ですから、

 

  • 現在進行形でアトピーを疾患している
  • アレルギー疾患を予防したい
  • 今は治ったが、アトピーや喘息が再発してしまうのを防ぎたい

 

これらに当てはまるようであれば、積極的にカイテキオリゴを摂取していくと良いですよ!

うちもアトピーっ子でしたので、アトピー再発&喘息予防の為に毎日欠かさずカイテキオリゴを与えています。

 

>>アレルギー予防にもなりうるカイテキオリゴを見てみる

 

 

実際にカイテキオリゴを購入してみましたレビュー!

こうなってくるともはや買わない理由が見つからないカイテキオリゴですが、実際に購入するとどんな感じなのか気になりますよね!そうですよね!がんがんレビューしていきますよー♪

まず、公式サイトを見てみると、カイテキオリゴには4通りの購入方法があります。

 

kousiki

 

⇒ 20%OFF年間コース

  • 1袋2,270円
  • 3ヶ月毎に4回にわたってお届け
  • 次回割引2,500円クーポン付き
  • 便利な卓上ボトル付き

 

⇒ 15%OFF基本コース

  • 1袋2,412円
  • 3ヶ月毎のお届け(3回目以降はストップOK)
  • 次回割引1,500円クーポン付き
  • 便利な卓上ボトル付き

 

⇒ 10%OFFお試しコース

  • 1袋2,554円
  • 次回分が不要ならいつでもストップOK

 

⇒ 単品割引なし

  • 1袋2,838円

 

何やら色々あって迷っちゃいますね・・・。

 

  • 「まずは1袋だけでいい!」というあなたは、1袋のみの10%OFFお試しコース(ストップしないと翌月また届きますので注意)
  • 「カイテキオリゴは絶対良い!とにかくお得に買いたい!」というあなたは、20%OFF年間コース
  • 「赤ちゃんにも飲ませるし、ママも飲むしパパも飲む!」というあなたは、もうたくさん買っちゃえ!

 

ここは自由に選びましょう♪

私はと言うと、石橋を隅から隅まで叩きまくって渡る超ビビりな慎重派タイプなので、初めは単品割引なしで1袋のみ購入しました。

しかし、カイテキオリゴは継続して摂らなければ効果が実感しづらい健康食品です。

結局その後15%OFF基本コースを注文しました^^;

そしてどっぷりカイテキオリゴの良さにとりつかれた今となっては、20%OFF年間コースを注文しています・・・(笑)

 

 

ちなみに1袋150g入りで、赤ちゃんや子供の場合は1日に1g摂取が基本なので、150日間(5ヶ月間)持ちます。

大人の場合は1日5gの摂取で30日間(1ヶ月間)ですね!

 

 

購入画面をささっと打ち込んで~

 

mousikomi1

mousikomi4

 

「申し込む」ボタンをぽちり。

あとは待つだけです!

 

otodokeyoteibi

 

お届け予定日が表示されるのがとっても親切です!

基本的に3~5営業日(土日祝休み)以内に発送されるそうですよ。

 

 

・・・待つ事5日・・・

 

 

来た来た~!カイテキオリゴ!

お届け予定日ピッタリに届きました♪

 

hukuro

 

送料181円で安かったのでポスパケットにしました。

こんな感じの袋に入って届きます!

 

早速ご開帳~♪

ガサガサ・・・

 

nakami

toridasu

 

どーん!

気になる中身はと言うと・・・

 

カイテキオリゴ

計量スプーン

紙その1

紙その2

紙その3

紙その4

—–省略—–

紙その10

 

えーと・・・・・紙がとても多いです。

何やら色々な紙があったんですが、このカイテキダイアリーとやらは役立ちそうです!

 

kaitekidaiari-1

kaitekidaiari-5

 

30日分のうんちチェックシートです!

使い方はこんな感じみたいですよ~。

 

kaitekidaiari-2

kaitekidaiari-3

kaitekidaiari-4

 

うんちチェックシートの中身

  • 朝に水を飲んだか?
  • カイテキオリゴは何g摂ったか?
  • うんちの出た時間と状態
  • スッキリレベル
  • 自由なメモ書き

 

これらを毎日欠かさず記入する事で、うんちがどのように変化していくのか客観的に見る事が出来ます。このシートは活用すべきですね~!

 

ではでは、いざ主役のカイテキオリゴへ・・・!

 

origo-1

 

コレですよコレ!

コレを待ち望んでいたんです。

早くスッキリ快適にさせてぇ!

 

と・・・その前に、裏面に記載されているカイテキオリゴの情報をまじまじと見てみましょう。

 

origo-2

origo-3

 

色々書かれていますが、とりあえず気になるのは原材料名・・・成分の部分です。

 

カイテキオリゴの原材料名

  • ラフィノース
  • ミルクオリゴ糖
  • 乳糖
  • セロオリゴ糖
  • ショ糖

 

これら主要なオリゴ糖がそれぞれ最適な比率でブレンドされている訳なんですね!なんとも頼もしいではありませんか♪

 

>>カイテキオリゴを見てみる

 

 

赤ちゃんもママもパパも是非摂りたい!カイテキオリゴのまとめ

家族を模した指

 

現代に生きている赤ちゃんは、質の悪い母乳を飲んでいたり、オリゴ糖の含まれていない粉ミルクを飲んでいたり、化学物質や食品添加物で汚染された食べ物を口にしています。

その結果何が起きるのかと言うと、腸内の善玉菌が減り、弱っていき、敵である悪玉菌がどんどん優勢になってしまいます。

 

 

「じゃあヨーグルトでも食べて善玉菌を外部から摂ろう!」としても、腸に辿りつく前に死んでしまうか、辿りついても定着せずに排出されてしまいます。

ですから、今すでに腸内に生息している善玉菌にエサとなるオリゴ糖をたっぷりと与えて、元気に働いてもらう事が大事なんですね!

 

 

そして、オリゴ糖なら何でも良いという訳ではなく、善玉菌が好き嫌いしないように、複数のオリゴ糖をブレンドしたカイテキオリゴでないと意味がないのです。

原材料が自然由来の食べ物から出来ているので、赤ちゃんに食べさせても安心です♪

 

 

我が家では、今も家族全員でカイテキオリゴを超愛用しています。

赤ちゃんも、母である私も、主人も、こんな効果があらわれたので、参考にしてみて下さいね!

 

  • 頑固な便秘が解消される
  • 免疫力が上がり感染症にかかりにくくなる
  • アトピーなどのアレルギー性疾患の予防・改善効果が期待できる
  • 腸内環境を整える事で質の良い母乳が出るようになる
  • 善玉菌が増えると肌の保水性が増える為、ママの美容に効果テキメン

 

さあ!あなたも、あなたの赤ちゃんも、カイテキオリゴを摂って体も心もスッキリ快適な日々を送りましょう!

 

>>家族みんなでスッキリ!カイテキオリゴを見てみる

 

 

 

>>アトピー完治に役立った!アイテムランキング!

 

このページの先頭へ