絶対に知っておくべきアトピーと塩素の関係性とは?

アトピーが悪化する一つの原因としてよく挙げられているのが「塩素」です。

ここでは塩素の危険性と、そんな塩素とどうやって付き合っていけばいいのかをお話しいたします!

 

私達と塩素の関係性

現在、日本では蛇口をひねれば簡単に水が湧き出てきます。

では、その水はどこから来てどのような処理を受けているのでしょうか?

 

 

日本では主に川から水を採取し、浄水場にて殺菌消毒して各家庭に運ばれます。

殺菌消毒する事によって、有害な微生物の寄生や感染症を防いでくれています。

 

 

しかしその代償として、私達は常に「塩素」を体内に取り込まなければならなくなってしまいました。

塩素って一体何なんでしょう?

 

強い毒性を持つコワ~イ塩素

塩素は世界初の化学兵器として使われた歴史があります。

よく塩素系漂白剤のパッケージにでかでかと「混ぜるな危険!」と書かれてありますが、実際に酸性の物質と混ぜると有害な塩素ガスが発生します。

過去にそれが原因で死亡事故も起きています。

 

 

金魚

また、水道水を溜めた金魚鉢にそのまま金魚を入れると死んでしまうのは有名な話ですよね。

なぜ死んでしまうのかというと、塩素は強い破壊力を持っている為に金魚のエラ(呼吸器)の細胞を破壊してしまうからです。

 

 

金魚のエラを破壊する力を持っている塩素は、当然人間のあらゆる細胞をも破壊する力を持っています。

更に、有機物を含む水を塩素で処理すると発がん性が疑われるトリハロメタンを生成するとも言われています。

 

残留塩素は世界一!?

日本では残留塩素(水の中に残っている塩素の量)が0.1mg/L以上、また水が著しく汚染されている可能性がある場合は0.2mg/L以上ある事が法律で決まっています。

残留塩素についての決まりはそれだけで、下限はあるのに上限はありません。

極論を言ってしまえば、基準値である0.1mg/L以上の塩素が投入されていれば、例え10mg/L以上であろうが100mg/L以上であろうが問題はありませんよ、という事です。

 

 

塩素の投入量は地域差もありますし、浄水場から近いのか遠いのかでも変わってきます。

お宅の水道水は、果たしてどのくらいの濃度の残留塩素が含まれているのでしょう・・・。

考えただけでゾッとしませんか?

 

 

また、スーパー銭湯やプールに行くと、体からしばらく塩素臭が漂う経験は誰しも覚えがあると思います。

大多数の人間が浸かる水には、一般家庭とは比べ物にならない程の塩素が投入されていると考えた方が良さそうです。

 

 

さて、採水地である川は、工場や家庭から流れる廃液によって年々汚染が進んでいます。

汚染が進むという事はそれだけ塩素の量を増やさなければならないという事に繋がります。

東京のとある浄水場では、過去に100mg/Lもの塩素を投入したと元職員の証言もある程です。

上限値を設けていない先進国は日本くらいのもので、水道水に含まれる塩素の量は世界的に見ても遥かに多いと言えるでしょう。

 

油断しやすい浴室の塩素

入浴はアトピーを誘発し、また悪化する要因でもあります。

体が温まる事による痒みの発生、界面活性剤を含む石鹸の使用、タオル・ボディブラシによる摩擦、等々考えられる要因はいくつもありますが、塩素による害も見過ごせません。

 

 

飲み水に気を使っている方は多いでしょうが、シャワーから出る水や浴槽に溜まっている水にも気を使っているという方は稀だと思います。

直接体内に入り込まないから大丈夫!と思ってはいませんか?

 

 

実は入浴中やシャワー中にも、皮膚を通して、または湯気を吸いこむ事で体内に吸収されているんです。

お風呂

塩素は約25℃で気化します。

真夏でもない限り、シャワーや浴槽の温度を25℃以下にしている方はそうそういないでしょう。

という事は、シャワーを浴びたり浴槽に入っているだけで、もうもうと気化した塩素を吸い込んでいる事になります。

 

赤ちゃんは苦しいよ~と言っているかも!?

もうお分かりかと思いますが、そんな毒ガス室に赤ちゃんを連れ込み、たっぷりの毒水に浸し、界面活性剤入りの石鹸でゴシゴシと皮脂を削げ落とし、仕上げにと毒水で体を流しているのです。

 

 

更に、赤ちゃんを清潔なお風呂に入れてあげたい親の気持ちとは裏腹に、誰も入っていないお風呂は塩素量が一番多いのです。

1人、2人と入るごとに塩素量が大幅に減っていくというデータがあります。

人体に触れる事によって塩素が消耗されていると考えられます。

 

 

赤ちゃんは10ヶ月もの間、お母さんのお腹の中で羊水にプカプカ浮きながら気持ちよく育って来ました。

暗く狭い産道を通ってやっとの思いで外の世界に誕生したのも束の間、すぐに産湯という毒に浸からなければなりません。

必死の思いで外の世界の環境に適応しようと頑張っているところへ、適応できるはずのない毒に対して適応しなくてはならなくなるのです。

 

>>これだけは知っておいて欲しいアトピーっ子の入浴方法

 

徹底解説!塩素の除去方法

台所での除去方法

まず飲み水への対策ですが、一番シンプルでやっている方も多いと思われる「沸騰させて冷ましてから使用する」という方法。

残念ながら、実はこの方法ですと塩素は飛散しきっていないんです。

約30%ほどの塩素が残留してしまっています。

 

 

そして、次に多いと思われるのが「ウォーターサーバー」の使用です。

ウォーターサーバーの水質が良ければ、の前提ですが、飲み水としては間違いありません。

ですが、ウォーターサーバーの水を料理にも使っている方はどれくらいいるでしょうか?

 

 

お米を水道水で研いで水道水で炊いていませんか?

野菜に水道水をかけていませんか?

お皿やコップを水道水で洗っていませんか?

 

 

「だってお水が高いから・・・」

って、それでは全く意味がありません!

 

 

我が子のアトピーを改善させる為にも、家族全員の健康の為にも、ウォーターサーバーの水はガンガン使っていきましょう!

ちなみにぴこママ宅ではうるのんという富士山の天然水のお世話になっています。

「ウォーターサーバー使ってないけど興味ある・・・!」という方は是非~!

 

浴室での除去方法

こちらは、台所よりは安価に実行できます!

 

①浴槽にビタミンC粉末を投入

一般的な浴槽ならばビタミンC粉末を0.5グラム投入すれば塩素が除去できます。

なぜ除去できるのかと言うと、ビタミンCが塩素と化学反応を起こし、酸化ビタミンCと食塩水に変わる為です。

投入するタイミングは入浴する1時間前がベストです。

 

②シャワーヘッドを塩素除去仕様に変える

シャワーから出る水に対しては、塩素除去仕様のシャワーヘッドに変える事で対応できます。

 

色々と種類はありますが、私はアロマセンスというシャワーヘッドを使っています。
シャワーヘッドのカートリッジ内に濃縮ビタミンCが内臓されているので、99.9%の残留塩素を分解してくれます。

 

あと、このシャワーヘッドにしてから髪がツルツルのサラサラになりました・・・!
アトピーっ子の育児疲れのママにおすすめしたいですね。

 

アトピーと塩素のまとめ

寄り添う塩素が悪だ悪だと書き綴りましたが、塩素のおかげで私達はコレラなどの感染症や病原菌に罹らなくて済むようになりました。

しかし、その一方で違う形での代償も払う羽目になってしまったという訳です。

塩素の恩恵を受けつつ、その副作用とも言える害も取り除きつつ、上手く立ち回っていきたいですね!

>>アトピー完治に役立った!アイテムランキング!

 

このページの先頭へ