アトピーっ子のママ必見!アレルギーマーチという言葉を知っておこう

アレルギー性疾患を持つお子さんの親御さん達なら、一度は耳にした事があるかもしれません。

アレルギーマーチとは、例えばアトピーが治ってホッとしたのも束の間、次はぜんそくにかかってしまうというような現象の事です。

 

 

「うちの子はアトピーだけど、次はぜんそくになるだなんて・・・そんなのきっと大丈夫!」

そんな風に思っていませんか?

 

 

一度アレルギー性疾患にかかってしまうと、次のアレルギー性疾患はとても近い存在となります。

 




 

アレルギーマーチって何!?

アレルギー体質の人は成長するにつれ、以下のような流れでアレルギー性疾患が変化または併発する可能性があります。

 

食物アレルギー

アトピー性皮膚炎

気管支ぜんそく

アレルギー性鼻炎困った

花粉症

 

 

その様子をアレルギー性疾患が行進している様子に例えてアレルギーマーチと呼びます。

 

アレルギーマーチはどうして起きるの?

通常、病原体などから体を守る為の機能である免疫システムですが、アレルギー体質の人は無害な物質に対してもIgE抗体を作ってしまいます。

あるひとつのアレルゲンに対してIgE抗体を作ってしまうと、次に出会ったアレルゲンに対しても簡単にIgE抗体を作り出すようになります。

 

 

また、成長するにつれてアレルギーを発症する臓器が消化器 → 皮膚 → 気管 → 鼻粘膜 → 結膜と移動します。

これが、次から次へとアレルギー性疾患が起きる仕組みです。

 

具体的なアレルギーマーチの症例

実際にアレルギーマーチに多い症例としては、以下のような流れです。

 

 

乳児期:アトピー性皮膚炎

学童期:気管支ぜんそく

成年期:花粉症

 

 

しかし最近では、乳幼児期に花粉症になったり、成年期になってアトピー性皮膚炎になったり、アトピー性皮膚炎と気管支ぜんそくを合併したりと、様々な発症例が確認されています。

 

アレルギーマーチは防げないの?

そうじアトピー性皮膚炎になったら絶対にぜんそくや鼻炎になる訳ではありません

一般的に乳幼児期にかかるアトピー性皮膚炎と食物アレルギーは、母乳やミルク、離乳食など食べ物が原因で起こり、学童期に多い気管支ぜんそくや鼻炎はダニやハウスダストが原因と考えられています。

その為、乳幼児期は口にするものに注意し、学童期には室内のダニ・ハウスダスト対策を徹底しましょう!

>>喘息予防に!ダニがいない環境作りの具体例8つ

 




 

アレルギーマーチまとめ

アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などは命の危険はありません。

ですが、食物アレルギーによるアナフィラキシーショックや気管支ぜんそくによる発作は、命を落とす危険性のある疾患です。

>>恐怖のアナフィラキシーショック!その予防方法と対処方法

 

 

そして、全てのアレルギー性疾患に共通するのは子供本人がつらい思いをするという事です。

親が子供の持つアレルギーをきちんと理解し対策をしてあげる事で、今後のアレルギーマーチを抑えられる可能性があります。

自分の大切な子供につらい思いをさせないよう、私達親が頑張って守っていきましょう!

 

>>アトピー完治に役立った!アイテムランキング!

 

このページの先頭へ