夏がきた!赤ちゃんアトピーの保湿ケアはどうすればいいの!?

夏って保湿した方が良いの?
それとも保湿しない方が良いの?

 

 

悩みどころですよね!

 

 

夏はアトピーが悪化する季節です。
なぜだと思いますか?
それは汗や紫外線が原因です。

 

 

適切なスキンケアをしなければ、アトピー悪化への一途を辿る事になります。
夏場のアトピースキンケアは、もしかすると乾燥する季節である冬より面倒くさいかもしれません・・・。

 

 

では、保湿ケアをどうすれば良いのか!?の前に、夏特有のアトピー対策をまずはお話いたします。

 

 

アトピーっ子の汗への対策方法

そもそも汗とは、こんな役割を担っています。

 

  • 体温調節機能
  • 保湿作用の保持
  • 老廃物の排出

 

見て分かる通り、汗は基本的に良い作用があります。
ですがアトピーによる湿疹がある場合、汗に含まれる老廃物が刺激となってしまうんです。
 
ase
 
とは言っても、汗は悪者ではありません。
汗を書く事は体内の代謝が良く行われているという事であり、アトピーっ子のママとしては喜ぶべき事なんですよ!

 

 

実はアトピー性皮膚炎の患者は、汗をかきにくい傾向にあるんです。
なんでも発汗をコントロールする自律神経に異常があるんだとか・・・。

 
 
元来アトピー性皮膚炎の患者さんは新陳代謝の良くない方が多くいらっしゃいます。
 
その為に汗が出にくい上に、重症な方は湿疹などの炎症反応で汗をつくる細胞が破壊されたり、強い炎症反応により不感蒸泄(皮膚からの水分の自然蒸発)が亢進し,健常な方に比べて汗や尿の量が少ない方が多いようです。
 
院長コラム 第2回 夏のアトピー対策より
 

 

汗をかけないと上に挙げた体温調節機能、保湿作用の保持、老廃物の排出が行われないという事になり、それこそ汗をかくよりもアトピー悪化の原因に繋がります。

 

 

汗はどんどんかかせましょう!
重要なのは、汗をかいた後の処置なんです。

 

 

汗をかいた後そのまま放置しておくと痒みを引き起こしてしまいます。
シャワーを浴びせたり、清潔なガーゼで拭いたり、汗の成分を素早く肌から取り除いてやる事が重要です。

 

 

アトピーっ子の紫外線への対策方法

女の憎き存在である紫外線!
もちろん、アトピーっ子にとっても憎き存在である事は間違いありません。

 

 

紫外線は肌のバリア機能を容赦なく破壊してきます。
ただでさえズタボロのアトピーっ子のお肌ですが、紫外線の害によってとびひやいぼといった細菌を媒介とする肌トラブルなんかも合併する可能性が高くなります。

 

 

紫外線にはなるべく当たらないようにしましょう!
・・・とは言っても、無理な話ですよね・・・。
元気に外遊びする事は子供の元気の源です!

 

 

かと言って容易に日焼け止めを塗る事はおすすめしません。
日焼け止めには数多くの化学物質が含まれており、アトピーっ子の湿疹へ悪いダメージを与える事は必須です。

 

 

ではどうすれば良いのかというと、ひたすら衣類で保護するしか手立てはありません。

 

  • ツバの長い帽子
  • 長袖
  • 長ズボン

 

この3つは例えどんなに暑くても徹底して着せるようにさせましょう。

 

 

「ちょっと長袖長ズボンはさすがに・・・」
という場合は、

 

  • 外遊びをする時間は夕方に多くとる
  • 散歩をする際はママが日傘で常に日陰をつくってやる

 

こういった配慮をしてあげましょう。

 

 

夏場の洗顔と保湿はどうしたらいいの?

では次に、夏のスキンケア方法についてお話します!
 

アトピーっ子の夏場の洗顔方法

夏場は汗をよくかく為に皮脂や汚れがたまっていますので、1日1回、石鹸できちんと洗ってあげましょう。
しかしあまりにも湿疹がひどい状態なのであれば石鹸は使わず、丁寧に水洗いのみでも構いません。
 

  • 湿疹がひどい部分は水洗い
  • 湿疹がない部分は石鹸洗い

 

ちょっと難しいですが、このように洗い分ける事が理想的です。

 

 

我が家の場合、石鹸はフランキンセンスせっけんの養麗潤(ようれいじゅん)を使っています。
元々はアトピーっ子のママ友に勧められて使い始めたのですが、今では私が他のママ友に勧めているくらい、おすすめの石鹸ですね~!

 
>>アトピーっ子の洗顔方法で守るべき大事な5つの決まり事とは?
 

アトピーっ子の夏場の保湿ケア

そして本題!
夏の保湿ケアはアリか否か!?ですが、夏でも保湿ケアは必要です。
 

 
なぜなら、紫外線を浴びた後は肌が乾燥しています。
その乾燥の度合いは実は冬よりもひどい場合が多々あります。
ですからいつもより長く外遊びをしたり、海や山などでレジャーをした日などは、きちんと保湿ケアをしてやる事が大事です。

 

 

その保湿ケアですが、オーガニックホホバオイルが最適です。
ホホバオイルであれば、日焼け後の火照った肌に素早く水分を与え、保護する事が可能です。
日焼け後のケアを怠ると、アトピー悪化へまっしぐら!

 

 

紫外線は夏だけではなく、春先の4月5月から強くなっています。
ですから油断は禁物!

 

 

放っておくと
「せっかく乾燥する冬を乗り切ったのに、4月からの紫外線でアトピーが悪化して、更に7月の汗を大量にかく時期にあせも、とびひ、いぼが・・・!?あーもうどうしたらいいの!?」
なんて事になるかもしれません。

 

 

アトピーが完全に完治するまでは、気を抜かずに徹底したスキンケアをやり抜く事が大切です。

 

>>アトピーにおすすめのホホバオイルはナチュラルオーケストラ一択!

 

 

 

 

>>アトピー完治に役立った!アイテムランキング!

 

このページの先頭へ