アトピーと乳児湿疹の違いはお医者さんにも見分けられない!?

 

赤ちゃんのその湿疹!

お医者さんは、「アトピー」なのか、「乳児湿疹」なのか、ハッキリと診断をしてくれると思いますか?

 

 

ここで、以下の記事を読んでみてください。

 

 
 
乳児湿疹や感想肌は、アトピーになりやすいの?

 

 

■子供の肌についての相談:「アトピーの気があると言われたものの、診断はあせもや乾燥肌。アトピーの気があるってどういうこと?」
 

 
『2才児を乳児湿疹やあせもで皮膚科に連れて行くと、たいてい「アトピーの気がありますね」と言われますが、診断はあせもや乾燥肌です。
アトピー性皮膚炎とはっきり診断されたわけではなく何だかモヤモヤしますが、今回はたまたまあせもや乾燥肌だったというだけで、肌が弱いとみんなアトピーなのでしょうか?
「とりあえずアトピーと言っておこうか」みたいな感じがして、アトピーの気があるとはどういう状態なのか知りたいです。(30代・女性)』
 
 

■アトピーは遺伝的要素も含まれ、診断が難しい

 
 
アトピー性皮膚炎は、湿疹の現れ方に特徴がありますが、遺伝的要素も関係しているためはっきりとした診断が難しいことが多いようです。

『アトピーとは、個人差がありますが、普通の人には何でもないような刺激にも敏感だったり、色々な症状を起こしたりする体質のことです。
乳児アトピー性皮膚炎の特徴は、顔だけではなく身体の一部や手足にも湿疹ができ、皮膚はジュクジュクしていたりガサガサして厚くなったり、耳切れなどもあります。
原因は食べ物だともよく言われますが、遺伝的要因も含まれており断定は困難だと言われています。
なので医師は、アトピーの可能性もあるが、断定はできないという意味で「アトピーの気がある」という言い方をしたのではないでしょうか。 (小児科看護師)』
 
 

■アトピーの診断は、アレルゲンの特定から

 
 
アトピー性皮膚炎はアレルギー反応なので、何に対してアレルギーがあるのか特定できなければ、アトピーだと断定はできないようです。
今後症状を繰り返す、ひどくなるということがあれば、病院でアレルギー検査を受けることも検討してはいかがでしょうか。
 

 
『様々な状態から皮膚の炎症は起きるので、いったい何が原因なのか分からないことも多くあります。
アトピー性皮膚炎はアレルギー反応の一種なので、お子さんにどのようなアレルギーがあるのか検査してみないと、はっきりとアトピーの診断はできないことがあります。(産科看護師)』
 
 

『アトピーの気があるというのは、繰り返し皮膚が炎症を起こしているので、何かに対してアレルギー反応を起こして皮膚炎になっているのではないか、ということだと思います。
炎症や湿疹の状態が悪化したり、お子さんの生活に支障をきたすようなら、きちんとアレルギー素因を検査してもらって治療することも必要かもしれませんね。(産科看護師)』
 
 

『アレルギーとは、食物(卵や小麦など個人差で色々)やダニ類・花粉等の特定な物に対し、免疫反応が過剰に働いて身体に反応が起こった状態とされています。
診断が困難な場合は、接触性皮膚炎の疑いや、アトピー性皮膚炎の疑いなどと診断されることはあるようです。
御両親が納得いくように、小児専門の皮膚科医などとよく相談されてはいかがでしょうか。 (小児科看護師)』

 
 
毎回の診断はあせもや乾燥肌でも、繰り返し炎症を起こしていることから、アトピーの可能性があるということかもしれません。今後肌の状態をよく観察し、気になるようなら病院でアレルギー検査を受けてみるのもよいでしょう。
 
 
- マイナビニュースより
 

 

 

要約すると、「乳児湿疹なのか、乾燥肌なのか、アトピーなのか、お医者さんはよく分かりません。気になるなら血液検査を受けて下さい」という事です。

 
 
私も、もうとにかく病院を巡り巡っているのでよぉーく分かるのですが、お医者さんって実は「アトピー」と「乳児湿疹」を見分けられないんですよね(;´Д`)

見分けられないのに「とりあえずステロイドを出しておけばいいや」みたいなノリでステロイドを処方するもんだからたまったもんじゃありません。

恐らく、この世の中にはアトピーではなく軽い乳児湿疹なのにステロイドを塗るハメになってしまった子供たちがたくさんいると思っています。

 

 

また、この記事を読む限りでは、血液検査でアレルギー反応が出たら今出来ている湿疹はイコールアトピーと判断されるという事でしょうか?

逆に、アレルギー反応が認められなかったら乳児湿疹だと言われるのでしょうか?

 

 

いつも思うけど、アトピーの定義ってあいまいですよね~~~(´・ω・`;)

 

 

一応、アトピーと乳児湿疹の違いを挙げておくと・・・
 
 

  • 発症時期:乳児湿疹が「生後すぐから2~3ヶ月くらいまで」とされているのに対して、アトピーは「生後2~3ヶ月から」とされています。
  •  

  • 発症部位:乳児湿疹が「皮脂の多い場所(頭、生え際、まゆげ)」なのに対し、アトピーは「顔や耳、首、ひじの裏やひざの裏など」です。

 
 
このアトピーと乳児湿疹の違いも、かなり曖昧ですけどね・・・(´▽`;)

かと言って、「見た目」だけでアトピーと乳児湿疹を見分けるのは、かなり難しいのです。

 

 

これは私が実際にお医者さんから言われた言葉ですが、

「症状の軽いアトピーは、乳児湿疹と見分けがつかない!症状の重い乳児湿疹も、アトピーと見分けがつかない!」

とあっけらかんに言われました(笑)

 

 

6件くらい病院をまわったのですが、行く先々で子供の湿疹を「アトピーだ!」と断定されたり「乳児湿疹ですね~」と軽くあしらわれたり、色々言われました。

 

 

ちなみにこちらが「アトピーだ!」と言われた時の湿疹(体もこんな感じで結構ひどかった)

 

20140516

 

 

下が「乳児湿疹じゃね?」と言われた時の湿疹。

 

20140428

 

 

どーですか?微妙ですよね!(;´Д`)

 

 

ですので、子供に湿疹ができて「まさかアトピー・・・?」と不安を抱えているお母さんは、お医者さんに「乳児湿疹ですね」と言われようが「アトピーですね」と言われようが、どちらだろうが気にせずに湿疹のケアとひたすらに向き合ってくださいね!

 

 

基本的なケア方法は当サイトに載せていますので、是非ご一読くださいヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

 

アトピーっ子の入浴方法

アトピーっ子の洗顔方法

アトピーっ子の保湿剤の選び方

 

あ、ちなみに血液検査は生後6ヶ月以降でないと正確な判断が出せませんから、低月齢の子は焦って受けなくても大丈夫ですよー!

 

 

>>アトピー完治に役立った!アイテムランキング!

 

このページの先頭へ