祝・アトピーっ子あっちゃん満1歳

ウチのあっちゃんは早いものでもうすぐ1歳になります。

10月に産まれたあっちゃんは、1月頃からアトピーらしき症状が出始めて、2~4月はとにかくヤバかった・・・。若干記憶喪失気味です。

でもなんだかんだやってる内に5月から落ち着いてきて、8月にはかなり良くなりました。

現在、不安要素は残っていますがなんとかなっています。

 

つい先日もかかりつけの小児アレルギー科で1歳児健診を受けてきましたが、「肌良くなってきてますねー」と言ってもらえました。

7ヶ月健診の時はあーだこーだと叱られましたが(参照:7ヶ月健診にて乳児湿疹と診断される)今回はなーんにもお咎めなし!(`∀´)うきゃ

 

こうしてアトピーと戦った日々を思い返して私が思う事はやっぱり「ステロイドを使わないで良かった!」という事です。

何度か「もういい・・・ステロイドを使おう・・・このままでは真っ白になてまう・・・」と心が挫けそうになった事もありますが、結局使いませんでした。

ちょっと前の話になりますが、ショッピングモールでベビーカーに乗った1歳くらいのお子さんとすれ違いました。

恐らくアトピーだったのでしょうが、ちょっとギョッするくらい肌がアレな感じでした。

あまりじろじろ見るのは失礼なので一瞬しか見ていませんが、通常のアトピーであそこまでひどくなるのは稀なので、恐らく脱ステ中だったんだと思います。

脱ステ中の子の写真をよく見ていますが、似たような感じでしたので・・・(´・ω・`)

初めて脱ステ中の子をこの目で見て、思いました。

 

「どんな見知らぬ人の子供であっても、アトピーの子にステロイドを使ってほしくない・・・!」と。

 

ステロイドは魔法の薬でもありますし、悪魔の薬でもあります。

夜も眠れない程痒がりつらそうな我が子を見て可哀想に思わない親はいません。

藁にもすがる思いで病院へ行き、そこでお医者さんにステロイドを処方されたら疑問を抱く事は難しいかもしれません。

ステロイドを塗ればたちまち湿疹は消失し、痒がる事もなくなります。

だけど、よぉーーーーーく考えてみて欲しいのです。

 

ステロイドを使用した後、何が待ち受けているのか・・・。

 

まあ、私は実際にステロイドを使用していないのでちょっと説得力に欠けますが(゚Д゚;)

でも本読んだりネットで検索かけまくったり色々な人の話を吟味した結果、耳年増になっています(意味ちがう)

この耳年増な知識と(だから意味ちがう)ステロイドを使ってほしくない思いをまとめたくて、このブログをリニューアル準備中です!

最近せこせこ記事を書き溜めています。

デザインも変えなければー!と思っています。こっちは思っているだけで一切進んでません!(キリッ)

そんな訳でもしかしたらブログ記事の更新が遅くなるかもしれませんが(ただでさえ遅いのに!)、ご承知くだされ!

数少ない読者さんに一応お断りを入れておきます(´∀`;)

 

ちなみに耳年増の意味。

みみ‐どしま 【耳年▽増】

聞きかじりの知識だけが豊富な若い女性。多く、性的な知識についていう。

えーと「性的な知識」という部分がやっぱり違いますね。うんうん。

え?「若い女性」は合っているのかって?

無論!!!!!

あっちゃんと同じく10月生まれのぴこママはついに大台突破・・・。

 

>>アトピー完治に役立った!アイテムランキング!

 

このページの先頭へ