仮性アレルゲンに要注意!本当は危険なバナナ、トマト、ほうれん草 etc…

仮性アレルゲン、って聞いた事はありますか?
 
 
食物アレルギーは、その食べ物を食べた事により体が異常をキャッチして化学物質を放出し、結果何かしらの症状が出る事を言います。
 
一方で仮性アレルゲンは、その食べ物自体に化学物質が含まれていて、それが直接体に作用します。
 

食物アレルギーと仮性アレルゲンの違い

 

  • 食物アレルギーは、自分の体が起こす事
  • 仮性アレルゲンは、食べ物が起こす事

 
 
ややこしいですが、なんとなく違いが分かるでしょうか?
 
 

 
仮性アレルゲンを引き起こす化学物質(かっこ内は発現する症状)と、含まれている食品の例
 
 

  • ヒスタミン(かゆみ、むくみ、蕁麻疹)
    ⇒ ほうれん草、トマト、とうもろこし など
  •  
     

  • セロトニン(平滑筋の収縮、血管の収縮)
    ⇒ トマト、バナナ、キウイフルーツ、パイナップル など
  •  
     

  • アセチルコリン(自律神経失調、血管の拡張、気管支喘息)
    ⇒ なす、トマト、たけのこ、里いも、大和いも、クワイ など
  •  
     

  • チラミン(血管収縮、血圧上昇、頭痛、動悸、発汗、吐き気・嘔吐)
    ⇒ チーズ、チョコレート、アボガド、バナナ、ナス、トマト、鶏レバー など
  •  
     

  • サリチル酸化合物(アレルギー反応を悪化させる)
    ⇒ トマト、きゅうり、じゃがいも、いちご、りんご など
  •  

     

    全てに「など」がついてありますが、とにかくすっごいいっぱいあります・・・!

    仮性アレルゲンを引き起こす化学物質も、他にもまだまだ存在します。

    レクチン、エンドトキシン、グルタミンソーダ、イノリン、などなど・・・。

     
     

    仮性アレルゲンは加熱処理をすると大抵の食品は化学物質が落ちるそうですが、バナナなんかはアレルギー成分が失われないみたいです。
    バナナ最凶説(;´Д`)

     

    バナナ最凶説

     

    また、一度食べてアレルギー反応が出なかった食べ物も要注意!

    体調が悪かったり、摂れた時期によって仮性アレルゲンの症状が出たり出なかったりします。
     
     

    こんな風に言うと不安になってしまいますが、仮性アレルゲンでアナフィラキシーショックなどの強い症状が出る事は稀です。

    あまり気にしすぎると何も食べさせる事が出来なくなりますので、頭の隅に置いておくくらいで大丈夫ですよ♪

    しかし、もし何らかの異常を感じたらその食品は今後避けた方が良いでしょう。
     
     
    食物アレルギーなのか仮性アレルゲンなのかの判断は、血液検査以外では判断できません。

    強いアレルギー症状が出る場合は食物アレルギーの可能性がありますので、血液検査を受けてみる事をおすすめします!
     

     




     
     

    >>アトピー完治に役立った!アイテムランキング!

     

    このページの先頭へ