寄生虫に感染するとアレルギー疾患が治る!?

アレルギーっこをお持ちのお母さん方!

昨日の「奇跡体験!アンビリバボー」見ましたか?

近年、先進国でアレルギー疾患が増加の一途をたどっている原因は、寄生虫に感染する機会がなくなったからだと同番組で言っていました。

番組の途中から見始めたので若干曖昧ですが、事の顛末はこうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とある学者(?)が、寄生虫(カイチュウ)に感染するとアレルギー疾患が治る事を発見する

大々的に発表して世間に広め、寄生虫(カイチュウ)を人々に売る

薬事法に引っかかりあわや逮捕というところで逃亡

その後、寄生虫(カイチュウ)を手に入れる手段は闇のブローカーから購入するのみとなってしまう

話は変わり、アレルギー疾患の為に体毛が全て抜け落ちてしまった男性が、アレルギーを治す為、自ら寄生虫(カイチュウ)に感染する事を決意する

闇のブローカーから寄生虫(カイチュウ)を感染させてもらう※肌に寄生虫を置きその上からテープを貼ると血管から入ってくるそうです

なんと抜け落ちてしまっていた眉毛が再び生え、花粉症も治った!

しかし、徐々に以前と同じ状態に戻り始める。さらに腹痛も続いた為、寄生虫(カイチュウ)を追い出す事に

効果は長続きしなかったが、寄生虫(カイチュウ)がアレルギー疾患に何らかの作用を及ぼす事が判明した

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と、いうような流れでした。

その後、スタジオでバナナマンやら剛力彩芽やらがあーだこーだと話していたのですが、そこで興味深いデータを出してきました。

これです!!(ドーン!)

寄生虫の推移図

 

ペイントで書いた雑な図でスイマセン・・・(;´Д`)

しかもうろ覚えなので正確なデータではありませんが・・・。

しかし、寄生虫の数が減っていくと共にアレルギー疾患が増加しているという事がよく分かると思います。

 

「へえええ!!寄生虫に感染しなくなったせいでアレルギーが増えてるんだ!!」と目からうろこな私は早速インターネッツでグーグル先生に聞いてみました。

すると、寄生虫がアレルギー疾患と何かしら関係がある事は、以前から論じられていた事のようでした。

それを日本で初めて口にしたのは藤田紘一郎さんという歯科大学教授らしいです。

 

藤田紘一郎先生の主な著書

子どもの「免疫力」を高める方法

アレルギーの9割は腸で治る! (だいわ文庫)

 

藤田紘一郎先生は寄生虫に感染するとアレルギー疾患が治る根拠として、以下の2つを挙げています。

 

①試験管内の実験では寄生虫(カイチュウ)はアレルギー反応を抑制する物質を分泌している

②1949年には63%だった日本人の寄生虫(カイチュウ)感染率が1990年代には0.02%までに激減し、それと反比例するようにアレルギー疾患が増えた

 

②は前述の図の通りですね。

しかし、矛盾点もあるようで、例えば現在は感染率0.02%というかなり低い数値で推移しているのに、毎年毎年アレルギー疾患は増加している事。

他国での感染率が0.08%と低いのに、その国ではアレルギー疾患は多くない事。などなど。

うーん。

もしかしたら関連性はあるのかもしれませんが、寄生虫だけが原因だと決めつけるのは時期尚早のようです。

なんにせよ、「じゃあ試しに寄生虫に感染してみよう!」とはなりませんよね・・・(´▽`;)

しかも、寄生虫に感染する方法が闇ブローカーに頼るしかないとなると、どっちみち無理です(ちーん)

ちなみに、カイチュウってこんなの。

 

カイチュウ

 

「あ、思ったよりイヤじゃないかも」って感じですよね(笑)

先進国で増加の一途を辿るアレルギー疾患。

そろそろ原因が分かっても良さそうな気がするのですが・・・。

学者の皆様、期待しておりますっ!!ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

世の中の苦しむ方々の為にっ!!

(うちの可愛い可愛いあっちゃんの為にっ!!←本音)

 

>>アトピー完治に役立った!アイテムランキング!

 

このページの先頭へ