まさかの食物アレルギー!バナナでアナフィラキシーショックに(前編)

生後6ヶ月以降のアトピーっこをお持ちのお母さん方!(`・ω・´)

離乳食は進めていますか?

もちろん進めていますよね。

お医者さんからも育児本からも、離乳食は生後5~6ヶ月頃から開始する事!と指南されますから。

 

 

でもちょっと待ったぁ~!٩(๑`д´๑)۶

 

 

アトピーを発症していると食物アレルギーを合併する事が多いんだそうです。

 

 

1歳頃までの赤ちゃんの腸は未完成で食べ物をうまく消化できない為、抗体が出来てしまう場合があります。

私もその事は常に頭にあり、離乳食は少し遅らせて6ヶ月後半から開始し、しばらくはお粥のみ与えていました。

 

 

しかし7ヶ月健診で体重増加不良を指摘され、健康面の事も考えちょっとずつレパートリーを増やしていき、今ではにんじんや大根などの野菜類も与えています。

ただし卵や乳製品などの7大アレルゲンとたんぱく質だけは与える前に食物アレルギーの検査をしておかないといけないなぁ、と思っていました。

 

 

そう。アレルギー物質は有名な7大アレルゲンとたんぱく質に限られると思い込んでいる節がありました。

食物アレルギーの事は頭にありつつも、ちょっと認識が甘い部分があったのも事実です。

まさか自分の子供が食物アレルギーでアナフィラキシーショックになるだなんて夢にも思いませんでしたからね・・・。

 




 

————————————————–

そんなある日の事、たまには甘い物も食べさせてやりたいと思いバナナをあげてみたんです。

もちろん、初めて与える物なので2cm程度にとどめました。

 

 

それはそれはすごい食いつきよう!

初めて食べた甘い物に感動したのか、ニコニコしながらパクパク食べてくれました(*´ω`*)

 

 

「バナナ甘いから気に入ったんだぁ~♪今度からレパートリーに追加しよう!」

最近、ちょっと離乳食の食いつきが良くなかったので嬉しく思いました。

 

バナナ好き

 

その後日課の散歩に出かけましたが、あっちゃんは玄関を出てすぐに眠ってしまいました。

(´д`).。oO(あれ?いつもは外の景色を見ながら手を伸ばしたりするのに・・・珍しいなぁ・・・)

 

 

以前は散歩に出かけると揺られて気持ちいいのかすぐに寝てしまいましたが、最近では散歩中に寝る事なんて一切ありませんでした。

(´д`).。oO(うーん、なんだろなんだろ?(・・・考え中・・・)いや分からん)

 

 

少し気になりつつも散歩を続行、いつものルートをまわって家に帰りました。

帰宅して、眠っているあっちゃんをベビーカーに置いたまま帽子を脱いだりトイレに行ったりしました。

戻ってみるとあっちゃんは起きていました。

体は眠ったままの姿勢で、なんだかハッとするような目つきでこちらを見ていました。

 

じとー

 

あれ~?ご機嫌ナナメかな・・・(´▽`;)

ひとまず抱っこして部屋に戻りました。

 

 

・・・が。

しばらくするとギャーギャー言いながら掻き毟り始めました。

 

 

最近では泣き叫ぶ程激しく掻き毟る時は何らかの要求の場合が多いのです。

大体の要求は「お腹すいた」「眠い」です。

しかし離乳食とおっぱいはあげたばかりだし、先ほど散歩中に眠ったばかりです。

 

 

(;´Д`).。oO(ええー?何が不満なんだぁ~?)

ちょっとおかしいな・・・

ふと、普段はあまり掻かない首筋を激しく掻き毟っている事に気付きました。

 

 

見てみると、なんと蕁麻疹が出来ているじゃぁーありませんか!!

 

 

えーーーーー!?

 

 

急いで服をめくってみると、お腹にもたくさんの蕁麻疹が・・・!

 

蕁麻疹

 

そのお腹もかなり掻き毟っています。

すぐに気付きました。食物アレルギーだと。

 

 

今日は初めてバナナを食べました。

この蕁麻疹の原因はバナナによる食物アレルギーだろうな・・・。

でもバナナなんかで食物アレルギーになるのかなぁ・・・(※後々調べた所、普通にアレルゲンに成りうる食物でした)

 

 

ちょっと疑問に思いつつ、どうしようかなぁと旦那に電話しました。

旦那も、まぁバナナなのかなぁ・・・うーん・・・と煮え切らない返答。

なんやかんやと話し合って、ひとまず様子を見よう!という結論にたどり着く。

 

 

電話を切り、ネットで調べてみようと思いPCの電源をつける。

ブログのネタにしようと思い写真を撮る。←不謹慎

この間、あっちゃんはずーーーっと泣き叫んで掻き毟っていました。

 

 

どうしたもんか・・・(*_*;

とりあえずおっぱいをあげてみる。←「とりあえずおっぱい」病の私(;´Д`)あぁ~

おっぱいを加えながら、泣き叫び暴れるあっちゃん。

 

大暴れ

 

ううーーーんどうしたもんか(*_*;;;

 

すると、あっちゃんの泣き叫ぶ声がちょっと変わりました。

文字ではうまく言い表せませんが・・・。

なんか変だ、やばい。

 

 

救急車呼んだ方がいいのかな?でもこんな事で呼んでいいのかな・・・。

そんな事を深く考える時間もない程に、あっちゃんは急激におかしくなりました。

 

 

苦しそうにもがくあっちゃん。

徐々に声が小さくなり、目を薄く閉じてグッタリしてしまいました。

さっきまで真っ赤になって泣き叫んでいたのに、みるみる内に顔の血の気が引いて真っ白になっていきました。

 

 

この話、もちろん事後報告で書いているんですが、思い出すだけで背筋が凍りつくような恐怖を感じます・・・。

自分の手の中で、自分の大事な大事な宝物が失われていく感覚・・・。

 

 

「やだやだやだやだやだ!!!あっちゃん!!あっちゃん!!あっちゃん!!」

そんな事を連呼してすぐに救急車を呼びました。

あっちゃんが死んじゃう!!誰か助けて!!お願い・・・!!

心の中で叫びました。

 

 

もうなんていうんですかね、あの感情は・・・。

もう絶対に経験したくないうすら寒い感情・・・。(※しかしこの後また経験する事になるのですが・・・)

とにかくパニくりすぎて110番にかけてしまいました(;´Д`)

 

 

「119番にかけて下さい」と言われ119番にかけ直しましたが、そこでもパニくりすぎてオペレーターの人に怒られました。

「お母さん!落ち着いて!お子さんの命を助ける為に落ち着いて!

そう言われてハッと気付き、冷静さを取り戻す事が出来ました。

あっちゃんを救う為に私がしっかりしなきゃ・・・!

 

 

「息はしてますね!?」

そうだ、息はしている。あっちゃんは生きている・・・!

「もう救急車が向かっていますから!もし息が止まるような事があればまた119番して下さい!

も、もももし息が止まるような事があれば・・・!?あっちゃんの息が止まるの・・・!?いやだいやだいやだそんなの絶対いやだダメだ!!

119番のオペレーターの人にそうぶちまけたくなるのをグッとこらえ、「分かりました!」と言って電話を切る。

 

 

旦那に電話をかける。

「もしもし。あの後、あっちゃん発作みたいなのが起きて、今顔が真っ白でグッタリしてる。救急車は呼んだよ」

旦那に電話をかける頃には、落ち着いて報告をするくらいの冷静さを取り戻していました。

とにかくあっちゃんは生きているんだ・・・!絶対助かるんだ・・・!

 

 

救急車はすぐに到着しました。

救急隊の人達が駆け付けた時、あっちゃんは目を開けて呼びかけに少し反応するくらいに回復していました。

 

 

「あっちゃん!!良かったあっちゃん~!」

救急隊の人たちをよそにワーっと泣いてしまい、救急隊の隊長みたいな人に「説明してください!」と怒られました(´▽`;)

一通り今あった出来事を話し、とりあえず病院へ行きましょうという事になり、救急車に乗り込みました。

 

 

あっちゃんは生後8ヶ月足らずで救急車デビューしたんだよ、お母さんビックリして心臓止まりそうになったよ、って大きくなったら言ってやろ・・・(*´ω`*)

そんな呑気な事を救急車の中で考えていました。

 

 

「まぁ、アナフィラキシーショックだろうな・・・」

 

 

初めてバナナを食べた→食後3時間で蕁麻疹→発作みたいなのが起きる→意識障害

一連の流れを鑑みて、自分の中でそう確信がありました。

 

 

でもあっちゃんは助かったんだ!まぁ念のために病院に行ってみるけど、ちょっと検査して後はもう終わりだ!良かった・・・!

気分はもうルンルン。

 

 

さっき怒られた救急隊の隊長みたいな人に「どこから来たんですか?」とか「最初間違えて110番しちゃったんですよ~!」とか明るく話しかけていた。

この後、再び地獄が待っているとは知らずに・・・。

 

 

長くなるので後編へ続く!

 




 

 

>>アトピー完治に役立った!アイテムランキング!

 

このページの先頭へ